Rising yoga  ライジング・ヨガ 

田園都市線市が尾、江田・少人数制ヨガレッスン!yogaの思想で笑顔の波紋を広げます♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

乳がんヨガ~支えとしてのヨガ~

マンマヨガ
抗がん剤治療中や術後など体の制限がある中でも呼吸法や瞑想を通してヨガをすることは可能です。

2年前より、東海大学医学部付属伊勢原病院の通院患者を対象に、月一回
「乳がん患者のためのヨガ」のレッスンをしています。
「ヨガと健康」は私がヨガを伝える大切なキーワード。
看護師として沢山のがんサバイバーの方から教えていただいたことを活かして
目の前のがんサバイバ―に還元していくのが私の役割だと思っています。

病気と戦う方と接する時、ふと湧いてくる思いがありませんか?
「健康な自分(その立場になっていない)に何が分かるの?」
でも、そう自分を責める必要はないと思います。
同じ病気になってさえ、病状・環境や性格等々・・同じ人なんていなくて
百人いれば百通り。
同じ命なんて無いです。100%の理解は出来ません。
でも、相手の話を聞いていれば、その人の気持ち(苦しみや喜び)を汲み取ることは出来ます。
その人の言葉で、そのまま受け取る。教えてもらう。
自分とは違う価値観を持っていても戸惑うことはありません。
誰だって、個性ある人間です!
自分の状況を汲み取ってもらえる存在がいることが、大切だと思います。

そして、しばしば「乳がん患者さんにはどんなポーズが良いんですか?」とヨガインストラクターに質問を受けます。
私自身クラスを始めた当時はどんなアーサナが効果的か?とポーズに気をとられていました。
もちろん、アーサナをきっかけに恐くて動かせなかった腕を使い
少しずつ可動域が広がることで、不調が改善されたり機能回復に繋がることもあります。
でもそれはリハビリや整体などでも可能です。

ここでは、あくまでも私は「ヨガ」を伝えています。

「心の波立ちを制御することができたなら、その人はヨーガをしていることになる」
~インテグラルヨーガ:著スワミ・サッチダーナンダ~
なのでポーズにとらわれるのではなく「ヨガ」をしていることを忘れないことが大切だと思っています。
それは、一般のクラスでも変わらない大切なポイントですね!


先日、無事手術を終えた生徒さんから、とても嬉しい手紙をいただきました。
その一部に「治療は辛かったけど、ヨガのおかげで後ろ向きな気持ちより前向きに治療ができたと思います。
ヨガがすごく楽しいです。」こんな言葉がつづられていました。

ヨガで病気を直接治すことはできません。
でも、ヨガが自分の良き支えとなり、諦めずに治療に取り組めることで
病気を克服することに繋がると思っています。

どんなに最先端の治療を受けても、完治が困難なケースもあります。
ですが、それでもどんな小さな希望さえあれば、
「何ものかに生かされている」のではなくそれに向かって「今自分で生きている」実感につながります。
この実感がヨガの目的である波立ちの無い平安な状態へ導いてくれるのだと思っています。

病気になった自分を後悔し苦しむのでもなく、見えない未来に怯えるのでもなく
ヨガを通して「今生きている自分を感じる」
そして前を向いて生きる。
そんなヨガをがんサバイバ―の方に届けられますように。
関連記事

| 未分類 | 17:27 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。