Rising yoga  ライジング・ヨガ 

田園都市線市が尾、江田・少人数制ヨガレッスン!yogaの思想で笑顔の波紋を広げます♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

トイレの神様って・・、そういうこと?!

 長女の小学校で沢山の配布物を毎日の様にもらってきます。
「ハイハイ」と、さっと目を通して捨ててしまうことも多いのですが、
実はその中には心を養う言葉があふれているんです
その内容はシンプルながらにも、ふと立ち止まり考えさせられるものが多いです

 今回はこんな法話です。
 
『 ある禅寺に、多くの人が心を磨くために座禅に行きました。座禅が終わったときに
和尚さんが参加者に「ここに来た目的は何ですか」と聞いたところ、何人もの人が
「心を磨きに来た」と答えました。すると和尚さんは「分かりました。では実演してみてください。」
と言ったのです。しかし、みんなポケットから心を出して磨くわけにはいきません。そのとき和尚さんは
「目に見えない心は、磨きたいと思っても磨きようがない。だから、まず最初に目に見えるものをしっかり
磨きなさい。それを一生懸命やっているうちに、気が付いたら目に見えない心も磨かれています。
禅寺という特別なところに来て、座禅という特別なことをしないと心が磨かれないと思ったら大きな間違えです。
あなたが毎日やる仕事のなかで、当たり前のことに心をこめることによって、あなた自身が磨かれるのです。』

この法話を読んだ時、すぐに浮かんだのが
数年前大ブレイクした曲
『トイレの神様』です。

『トイレには それはそれはキレイな 女神様がいるんやで
だから毎日キレイにしたら 女神様みたいに
べっびんさんになれるんやで』

なるほど~。

私は今までは、「トイレをすすんでキレイにしていたら、美人になるよ~
という昔からの迷信みたいなものがあったんだと、お恥ずかしながら単純に思っていました(笑)

そうではなくて、
いつも当たり前に身近にあって、けれど、すすんでやるのは億劫な場所を
毎日磨くことで、心も磨かれる。そうやって、目の前のことを大切にする
心がキレイな女性になって欲しい。
そんなおばあちゃんの孫への想いが込められていたんですね。

ヨガには心を整える効果がありますが
何もポーズをとる事自体が重要なのではありません。
ポーズをとることにより
「体」という目に見えるものを、いつもより丁寧に扱うことで、
結果、心が整い安定した気持ちになるのです。

そして、ヨガの種類には「ハタ・ヨガ」という、いわゆるポーズをとり身体的な鍛錬を重要視する
ヨガの他に
カルマ・ヨガ(日常生活の行いのヨガ)
バクティ・ヨガ(神=目の前の世界全てに献身するヨガ)
ジュニャーナ・ヨガ(知識のヨガ=正しい繋がりを得るために知識を深めること)
等があります。

なので、心を整える。ヨガでいう「心の波立ちを制御する」ためのツールは
ポーズをとり体を丁寧に扱うことだけではないのです。
そう、心を整える方法は、自分がその時どきの対象にいかに丁寧に
向き合い、心を込めて扱っていくことなのでしょう。
「特別な何かがなければ心を整えられないのではない。自分の心の向け方次第。」
今回の法話で、あらためて確かめることができました。


「生活のすべてを丁寧に」は難しいけれど、何か一日一つでもいい。
「今日はこれを丁寧に、心を込めて出来た(扱えた)」そんな生活をしてみませんか
そして、その時におとづれる心の充実感を感じられたら、さらにもっと身近な何かを
大切にしたくなるでしょう。

私も、仕事、家族、人間関係、苦手な家事心を込める対象は数えきれませんっ
でもその分、心が磨かれる可能性は無限です!
焦らずコツコツいきますね


・・と新たな発見をした後、久々に「トイレの神様」を聴いて、
娘と一緒にウルりときていた私です
関連記事

| ヨガtoわたし | 21:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。