Rising yoga  ライジング・ヨガ 

田園都市線市が尾、江田・少人数制ヨガレッスン!yogaの思想で笑顔の波紋を広げます♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自分の目の前の世界って・・・

 今日、長女に言われた一言にドキリ

 二女(2歳)は最近自我が一気に芽生えて、駄々っこで私を困らせます。家事に忙しく、精神的にも自分に余裕がなければ、ついイライラっと対応してしまうことも・・。そんなとき二女はササ~っと長女のところに甘えに行きます。そこで長女の言った一言「うんうん、わかる。ママに言ってもダメ~って言われるから、お姉ちゃんのことろに甘えにくるのね」・・・寂しい気持ちと共に、私はまだまだだな~と、ふっと笑ってしまいました。

 ヨガの教典「バガヴァットギータ」からの一節「いかなるものでも権威があり、栄光があり、精力あるもの、それを私の威光の一部から生じたものと理解せよ」とあります。そう、目の前の状況は自分の一部から投影された結果。自分自身が作り出していることです。それは「じゃあ自分が何もかも悪いの!?」という解釈ではありません。一つの事象をどんな方向に捉えられるかは、自分自身で選択できるということです。言い換えれば、自分の考え方にかかっているということです。例えば、自分が一生懸命作ったご飯を残した子供に対して「これだけしか食べないで!せっかく作ったのに!」と怒りながら接するか、「ここまでは頑張って食べれたね。残したのはどこか調子がわるいのかな」そう考えて穏やかに接するかということです。その感情の選択から、自分がどう動くかも自分次第なのです。目の前の状況に「もう~っ」という態度で、ある状況をとらえて行動すれば周りは決して気持ちよく感じません。すると反対に周りの人が自分に同じ様な態度か、もっとパワーアップして向かってくることもあります。または、自分から離れていってしまうかもしれません。まさにマイナスのスパイラルが始まってしまいますね
 もしかしたら、そこには相手への「諦め」や「許し」があるかもしれません。でも、その結果自分がハッピーでいられるなら、その選択は決して「負け」でも何でもないと思います。結局自分の為にどう動くかを真正面から、逃げずに向かうことが、結果的に自分の周りの人への思いやりに繋がるのではないかと思います

 なので、自分が放った言葉や態度で周りは変化していくことを忘れずに生活することは大切です。でも、現実は忙しい社会生活の中で心や体が疲労して、ついつい感情あらわになったり、判断を誤ることもあります。だからこそ、自分が良いコンディションでいることは大切ですね特に、子育てをするということは、一人の人格を育てるわけだから、その責任は大きいなと思っています。

 自分のコンディションを整えるためのヨガが、いつしか周りの人たちも整えることに繋がる。だからこそ、これからもヨガは手放せないな~っと、子供達の姿を見ながら思うのでした
関連記事

| ヨガtoわたし | 16:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。