FC2ブログ

Rising yoga  ライジング・ヨガ 

田園都市線市が尾、江田・少人数制ヨガレッスン!yogaの思想で笑顔の波紋を広げます♪

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今年もはじまりました!パークYOGA

 sotoyoga.jpg
外ヨガは空間が無限な分、いつもより皆さんの動きが大きいです「大空をつかんで!!」が口癖。

sotoyoga2.jpg
大人だって、大空の下思いっきり寝ころびたいもんなんです。子どもの時には気付けなかった心地よさ。



今年も「パークYOGA」の季節になりました
 近所の公園のため、公の告知はしていないのですが
 外YOGA大好物の皆さんが早朝からこぞって集まってくれました。

 自然の中でのヨガは「5感」がより研ぎ澄まされます。
 自然の美しさに気付き、その輪の中にいる自分を感じると
 「あーっ生きてるわ~っ」って無条件に満たされ元気になります。
 「今はとりあえずここにいるだけでもう、いいや~」と力んだ心がほどけてきます。
 
 ちなみにこの公園は毎日見て、週末には子ども達と遊ぶ場所で
 何も特別な場所ではないんです。
 
 子供と遊んでいる時は子どもに意識が向いている。
 ヨガをしている時は自分の感覚に意識が向いている。
 この二つの違いで、いつもの場所が特別になったり
 違う景色が見えてくる。新たな発見がある。
 
 心の向け方ひとつで、目の前の世界はいくらでも変わるから
 上手に操縦して
 やっぱり私は「わくわく」を大切に生きていきたいと思います

 パークYOGAに参加ご希望の方は、まずレギュラーレッスンへの
 ご参加をお願いいたします(次回は未定)

| お気に入り♪あれこれ | 22:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

レッスン風景

みなさん、こんにちは

例年より少しゆっくりな桜景色
先日は近所の桜トンネルを通りまして
皆さん無意識に、ゆっくりな運転になっていた様です。
老若男女、スッと心を惹きつける桜の魅力。
今年もこうして心から誰かと「きれいだね~っ」って言えること、それは本当に幸せなことです]

さてさて今回は久々にレッスン風景です。
ほぼ毎回レッスンに熱中し余裕もなくて、写真を忘れていますが・・。
これからライジングヨガレッスンに参加する方への参考に
そして現在レッスンに通っている皆様にもご自身のポーズを客観的に見て
いく機会になれば幸いです

4月ペア 肩
この日のターゲットアーサナは「ウルドワ ダヌール(ブリッジ)」 準備として胸を開くペアーワークを。「開く~!」とみなさん、心地よさそうな表情に

4月ペアワーク
ヨガのてっぱんポーズ「アド ムカシュワーサナ」は実は奥が深~いんです!ペアワークでヨガベルトを使い、体を導く方向を知ることも大切なポイント。

4月アドムカ
ペアワーク後は自分一人でポーズを確認。「もう美しすぎる!!」と思わずパシャリ見事な滑り台。滑りたいっ

3ショットいかがでしたか?!

みなさんペアワークの内容は初めてのものが多いです。 
私が、息切らしながらw「?」マークの生徒さんのサポートを手取り足取りしっかりしていきますのでご心配なく
ペアワークをすることで 「心地よい」「え?こういうポーズだったんだ!楽しい!」「きついっけど分かった!」という言葉が
聞こえてくるのが私の喜びであり、ガソリンです

ヨガは深く広ーい。自然の一部ですから。

ライジングヨガのレッスンでその楽しさを伝えられるよう
日々のプラクティスで発見したことを、伝え続けますね


| お気に入り♪あれこれ | 21:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

うれしかったこと!

今日は母校でもある東海大学本院「乳がん患者のためのヨガ」
のヨガレッスンへ。

そう「うれしかったこと!」は
今日の参加者さん、みんな
「いい感じ!!」な表情で帰られたことです
笑顔があるだけではなくエネルギーがちょうど良い感じ!
ヨガってすごい!としみじみ。

プロフィールでもありますが
私は「看護師」としても患者さんのサポートの役割を担っています。

なぜヨガも教えるの?そんな疑問もあるかもしれません。
その答えはシンプル
「どんな状況であれ、必ず光はある。それを見つける、手助けをしたい。」
その思いが軸です。ヨガでの機能回復・・はオマケです

ヨガの呼吸や自分の身体感覚をもって、今あるこの体をまず感じていきます。
それがどんなものであっても「私こうなんだ~。」
そこからのスタートです。
特に治療上、上半身、または下半身の動作に制限がある方は多いです。
だからこそ「今この時に気づいた自分」に合わせて
自らポーズを寄り添わせるようにとることを大切にしています。
周り(私?!)がどんなポーズをとっていようと、そこに合わせようとせず
今のちょうど良いところに、自分を寄り添わせるということです。

それはきっと「治療」を納得して選択することにも繋がると思うのです。
「自分で感じて、今の自分が納得した道を選ぶ」この意思を大切にしたいのです。

医療者側にとっての良い患者ではなく、自分が病気・人生に対して「今、これを選んだ」
という気持ちをもって生きれることが大切だと思います。
もちろん、自分を取り巻く人(家族、友人等々)の気持ちを受け止め悩みながらも
やはり
自分の人生を生きて欲しいと思うのです。

沢山の患者さんに出会わせていただき、その命を感じる中で
人の健康は「病気」があるかないか、
表向きの環境が整っているかどうか
ではその人の幸せは図れないことを
日々感じています

自分の内側にある価値、幸せに気付けて
それを貫くことができたら
やはり人は幸せなのでは・・とまだまだ未熟な心で思うのです。

どんな立場・状況にあれ、ヨガが自分の「気づき」となり
その人の支えの一つとなるように
これからも、ヨガを伝えられるように
歩み続けたいと思います

| お気に入り♪あれこれ | 00:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

桜ヨガ開催しました♪

桜ヨガ
「ブルクシャアーサナ(木のポーズ)」桜の木と一体になったこの光景が素敵過ぎて、鳥肌たちました!
桜ヨガ集合
寒さが惜しかった!でもこの笑顔が、皆さんの至福感を物語ってます♪


今年はライジングヨガ始まって以来、初の「お花見ヨガ」を開催しました

「桜は散る、でもなぜ私たちは桜が散るのを穏やかに見てられるの?!」
そんな問いかけから始まったレッスン。

ヨガの経典「ヨガスートラ」の解説本、インテグラルヨガ:スワミ・サッチダーナンダ著より 

「物事が通り過ぎていくのを受け入れるとき、われわれは自由である
物事はただ来ては去るだろう、だがわれわれは安らかなままである」

これは私の中によく流れる一節です

「また来年も見れる」その確信があるから
散りゆく花に執着しませんよね。今年去っていく桜の花の変化を受け入れて
安らかにいられます。そして、その時しかない美しさだからこそ
「お花見」という形で今存分に楽しむのでしょう。
もし一年中桜が咲いていたならば、みんな見向きもしなくなるのかも
しれませんね。

私たちの目の前の出来事も同じです。
幸せな事、辛い事も
必ず来ては去ります。
でもまた必ず違う形でそれは必ず訪れます。
人生はその繰り返しなんですね。
変化しないことなんて無い。
でも、なかなかそれを受け入れることが出来なくて心がザワザワすることもあります。
だからこそ、この言葉に後押しされるのでしょうね

過ぎ去っていくからこそ、この時しかない「今」に集中できるのでしょう。
反対に、辛い今があっても必ず変化することを知っていれば
途方に暮れることも焦ることもないのです。必ず状況は変わるから
何千年前の智慧、ヨガスートラ。今の私達の社会生活へのアドバイスとして的を得ているなぁ。
と、あらためて感じます。

次回のパークヨガは4月29日「新緑ヨガ」です

詳細は近日告知いたします
来る者拒まず!一期一会を大切に。が我がレッスンのモットーです!
なので、ご興味ある方は何も心配せずに、お越しくださいね


| お気に入り♪あれこれ | 18:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パークヨガでスマイル!

外ヨガ2014

先週の日曜日、近所の公園でパークヨガを開催いたしました!
近隣の方への配慮の上、口コミで広がった今回の企画

当日の6時台に、連絡をとるという、風まかせな私の行動に
乗っかってくれた友人を含め、いつものヨガメンバーもご参加いただき
始まりました

緑や青空、草木土の匂い、小鳥や風の音。

みなさんそれぞれが自然の中にいる自分を感じていました。

ヨガマットという狭いスペースに身をおいて過ごした60分間。
決して普段の生活ではありえませんね・・。
本当は美しい身近にある自然
そして、その自然と一体になる自分。

普段気づけない、自然の力や穏やかさ、そして美しさに
心がどんどん柔らかく、開かれていったことでしょう。

次回の開催は6月予定です。
決定次第告知しますので、興味がある方は
一歩踏み出してお越しくださいね
早起きを、後悔させませんよ~

外ヨガ2014①
みなさんの溢れる笑顔が、外ヨガの楽しさを物語っています!素敵な時間をありがとうございました

| お気に入り♪あれこれ | 22:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT